>  > スリルに近い衝撃があるのかもしれない

スリルに近い衝撃があるのかもしれない

風俗の楽しさは、ある意味スリルに似ているんじゃないかなと思うんですよね。スリルってドキドキ感や刺激から生まれるものじゃないですか。それを味わえるって点では、日常生活に飽きているというか、刺激を求めている人にとってこれ以上のサービスはないんじゃないかなって思いますよね。それくらい衝撃的というか、男心をよく分かっているサービスだなってことはよく思うんですよ。だって他にそんな刺激をもたらしてくれるようなサービスなんてないじゃないですか(笑)しかも刺激だけではなくて、刺激の上に快感までもたらしてくれるんです。男にとって、ついつい利用したい気持ちになってしまうのは仕方ないものなんじゃないかなって思いますよね(笑)むしろ男にとって、これ以上のサービスはないんじゃないのかなって気持ちにさえなっていますので、風俗は貴重だし、何よりも日常生活でマンネリを打破したいって人にとっては理想そのものなんじゃないかなって。

経験によって自信になるんだなと

経験が自信をもたらしてくれるのは当然というか、どのようなことにも言えると思うんですけど、風俗に関してもそうなんですよね。これは風俗嬢の話ではなくて自分の話なんです。それなりに風俗を利用しているんです。経験もそれなりになってきたと思うんですよね。だからか、今ではどんな風俗嬢相手であってもそれなりに楽しめるかなって思っているんです。前は結局は自分に自信がなかったのでどうしても相手任せになってしまっていたと思うんですけど、今は自分としても誰が相手であってもそれなりに楽しめるだろうという自信も出てきたんですよね。だから風俗がより一層楽しくなっているような気がするんです。以前と比べて女の子選びで細かいことまでこだわらなくなったのも、自分がそれなりに経験を積んで、どんなシチュエーションであってもそれなりに楽しめるだろうという自信を持ったからこそなのかなって思うようになりましたね。だからか、頻度も増えつつあります(笑)

[ 2017-02-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談